ミントC!Jメール体験記。吃音がある22歳これから社会人のユリちゃん

今回はミントC!Jメールで、これから社会時にになる大学4年制の子に会いました。

ちょうど卒業して休み中なので、最初のメールから一週間くらいで会う事ができました。

 

この子は、会う前に「吃音があるのでもしかしたら不快にさせてしまうかもしれません」とメールで書いてきたのですが、会ってみると全然普通の可愛らしい女の子でした。

まずは、いつもどおり車でドライブをしながら会話をしました。

 

私 「吃音があるっていってたけど、普通に喋れるじゃん」

ユリ 「はい。違うんです。例えばテキストとかを読む時に言葉がでなくなっちゃうんです。後は、極度に緊張しても言葉がでなくなります」

私 「えっ???文字を声に出せないって事?そしたらこのカーナビの文字読めないの?」

と言って、カーナビの地名の部分を指を指したら・・・

普通に読めます。

私 「え???読めるじゃん。」

ユリ 「読める時と読めない時があるんです。言葉の出始めが出ない時とかがあるんです。」

私 「へー、なんか全然普通の人って感じがするから、ちょっと想像できないな。」

ユリ 「よく言われます。ふざけてるんじゃないかって思われたりもします。」

私 「友達とかには、吃音の事を話してるの?」

ユリ 「はい。話してますよ。レストランとかで注文する時は、友達に読んでもらったりしてます。」

私 「へー、まったく想像できない。」

 

こんな感じの今までしたことのない会話をしばらくしました。

 

そこから今までの彼氏の話などをすると、大学一年の時にいたけど、半年ぐらい付き合って別れてからは、ずっといないとの事でした。

 

出会い系で、私に会った理由を聞いてみると・・・

「これから社会人だし、大人の人に慣れたい」という事だったので・・・

 

「じゃあ、部屋にくる?」って感じで誘いました。

「はい」とあっさり答えてくれました。

これはエッチOKサインなので、「やっぱり部屋はちらかってるからホテルに行こう」という感じで、しれっと普通にホテルに入りました。

とくにユリちゃんも嫌がるようすもなくチェックインです。

 

ホテルに入ってからユリちゃんは「緊張します・・・」と言いました。

この子は本当に従順で純情な子って感じでした。

 

10分ぐらいは緊張をほぐすために喋りましたが、なんか緊張している子を脱がせたくなったので、キスをしてプレイ開始です。

 

この前まで女子大生の子です。

大人の男に、服を脱がされて緊張した顔は最高です!

 

わざと恥ずかしがらしてやろうと思って、私は服を来たまま、体をベロベロを舐めながら全裸にしてやりました。

ユリちゃんは恥ずかしそうに苦笑いです。

 

マンコはあまり使ってなさそう・・・って感じのピンク色でした。

「ここキレイだね。でもなんか濡れてない?」

と言うと

「濡れやすいみたいです」

と、なんだかんだでエッチはしたかったみたいです。

まあ洗ってないですが、若いしキレイなマンコだしって思ってそのままクンニです。

味はほとんどしませんでした。

 

最近は、勃起してからすぐに入れないと萎えてしまうので、裸にして舐め回して興奮でギンギンになった状態ですぐに挿入しました。

 

生ですが、特に何も言われないので続行です。

 

ユリちゃんは、大人しいのかと思ってましたが、きちんと可愛い喘ぎ声はだしてくれました。

中出しはまずいので、ちゃんと外出しをしました。

そして、その精子をユリちゃんの口に持っていって、全部飲んでもらいました。

 

「精子は飲んだ事あるの?」と聞いたら、「舐めた事はありますが、飲んだのは初めてです」と言いました。

大満足です!

 

2人でお風呂に入ってからホテルを出て、ユリちゃんを家の付近まで送って解散です。

 

「また会いたい」と言いましたが、「就職して落ち着いてから、また会いましょう」と言われました。

なんとなく、ハマってくれた感じはしないので、次はなさそうな気がします・・・

でも、今回は満足できたのでよかったです。

 

今回、利用したサイト : ミントC!Jメール