Jメール体験記。32才看護婦のユキナ

ついに彼女と別れる感じになりまして、次の子を見つけました。

実際には、彼女とは音信不通状態なので、まだ正式には別れていない状態です。

お互いの家にまだ荷物があるので、もう一度は会うことになるでしょう。

次の子を見つけたので、もう私的には未練はありません。

前の彼女は若くて可愛かったのですが、ケンカ(私が一方的にやられる)が絶えませんでした。

やっぱり若い子と付き合うのは難しいです。

という訳で、20代後半から30代前半ぐらいで探す事にしました。

ちょっと今までと違った感じで出会えるかどうかも試してみたかったので、Jメールのメル友恋愛掲示板新人さん紹介という所で何人かメールを送ってみました。

何人かやりとりをして、写真も見せてもらって、32歳の看護婦のゆきなちゃんと仲良くなりました。

メールは3往復ぐらいで、ラインのIDを聞くことができました。

これからは、メルアドよりラインのIDを聞くことの方が多くなるかもしれませんね。

ラインで2時間ばかりテレビを見ながらトークをして、

「今から会えないかな?」

と言ったところ、

「明日じゃダメかな?」

と言われ、
次の日に会う事が決まりました。

写真は見ていたのですが、LINEのトークの中で、ゆきなちゃんは自分の事を「太ってる」と言っていたので「もしや、写真と違うのかな?」
と思っていました。

 

次の日に私の最寄りの駅まで来てもらって、車で迎えに行きました。

ラインのトークで車種を教えたら、ゆきなちゃんが車に乗り込んできました。

いやいや、全然太ってないです。

顔も悪くないです。

美人ではないですが、普通って感じですね。

普通の32歳のナースを想像してみてください。

そんな感じです。

ここからは会話形式です。

私 「なんだ、太ってるって言ってたから、もしかしたら写真と違う人が来るのかと思ってたよ。全然太ってないじゃん」

ゆきな 「いや、太ってるよ。服でちょっとごまかしてるけど、お腹とか出てるよ」

私 「そうかな???俺は会った印象どう?写真と違うかな?」

ゆきな 「いや、もうちょっとカッコつけた感じの人かと思ってたけど、普通で安心した」

「なるほど、どちらかと言うと、プロフィールは面白い系にしていたので、カッコつけた感じと思われているとは思いませんでしたが、そういう風に感じる人もいるんだな」
と思いました。

ドライブをしながら、仕事の話等をしました。

私 「看護婦って患者さんに口説かれたりしないの?」

ゆきな 「ほとんどないよ。私、結構仕事中は無表情で淡々としているタイプだから、そういう対象にはならないと思う」

私 「そんな風に見えないけどな」

ゆきな 「今はそう見えないかもしれないけど、仕事中は機嫌が悪そうに見えるらしい」

ゆきなちゃんとは、この1ヶ月後くらいに付き合ったのですが、この子は本当に被害妄想なんじゃないかっていうくらい、自分に自信ない子みたいです。

前の彼女とは正反対ですね。(笑)

私 「このサイトで他の人に会った事ある?」

ゆきな 「このサイトは初めてだけど、他のサイトではあるよ。彼氏はできたけど、その人は最悪だったよ」

私 「どんな風に?」

ゆきな 「前の彼女と別れてなくて、二股されてたんだ。全然タイプじゃなかったけど、好きだって言われたから、付き合って、3ヶ月くらい経ってから、実は別れてなかったんだとか言われて・・・」

私 「それは嫌だね」

と言いながら、心の中では、私もまだ正式には別れていないので、自分の事を言われているような気がしました。
まあ、私は前の彼女とは別れる気でいるので、そこまで罪悪感はないですけどね。

ゆきな 「まだ、自分がタイプの人に遊ばれたのなら良いけど、全然タイプじゃない人に、ただヤラれただけっていうのが悔しくてね。」

私 「タイプじゃないなら付き合わなければ良いのに(笑)」

ゆきな 「いや、マジメそうだったし、私みたいのを好きって言ってくれたから付き合っちゃったんだ」

私 「ゆきなちゃんは、なんかすごく自分の事を悪く言ってるけど、全然ブスとかじゃないよ。良い方だと思うけどな」

これはお世辞ではなく本音でした。

おそらく誰が会っても、この子をハズレだと思う人はいないと思います。

この普通さが妙に色っぽいです。

看護婦の制服を着ている姿を想像してしまうと、エッチしたくてしょうがありませんでした。(笑)

日が暮れて来たので、景色の良い所に車を停めて、話を続けました。

ゆきなちゃんは陸上部で砲丸投げをしていたと言うので、それを口実に触る事にしました。

私 「砲丸投げしてたって事は筋肉あるんだ?」

と言いながら、肩らへんを触りました。

全く嫌がる様子はありませんでした。

ゆきな 「女の人の中ではたくましいと思うよ」

私 「俺も結構、筋肉あるよ」

そうです。私は、モテるため、そしてエッチでバテないためにも体力作りはしているのです。

ゆきな 「筋肉あるなんて意外だね。優しそうな雰囲気なのにね」

と言いつつ体を触ってくれました。

私 「お腹出てるって言ってけど、触ってみていい(笑)?」

と言ってお腹も触る事ができました。

私 「全然、出てないじゃん」

ゆきな 「いや、服着てるからわからないんだって」

私 「このくらいの肉付きが一番抱き心地がよくて良いんだよ」

ゆきな 「そうなんだ」

私 「ちょっと、上着脱いで、抱かせてもらって良いかな?(笑)」

ワンステップ進んだ要求でしたが、ゆきなちゃんは普通に上着を脱いで抱かせてくれました。

この時点で、ほぼエッチできると思いました。

「肌スベスベだね」

と言って頬をこすりました。

完全にキスをできる距離なのに、まったく拒否しなかったので、そのままホッペにキスをしてから、唇にキスをしました。

キスまでできたので、次はエッチができるかどうかの確認です。

私の場合は「付き合おう」と言ってから、エッチに誘う場合と、「部屋でゆっくりしよう」的なニュアンスで誘う二つのパターンがあります。

「付き合おう」という場合は、本当に可愛くて付き合いたい時です。

ゆきなちゃんは付き合いたいと思う程は可愛くないので、「どっか部屋で休憩しよう」と言いました。

ちなみに、この子とは、後に付き合う事になりました。

当たり前のように、休憩のOKをしてくれたので、普通にホテルに行きました。

エッチが始まると、彼女の濡れ具合と興奮具合はすごかったです。

パンツを脱がしたら、糸を引くぐらい濡れていました。

後から聞いたのですが、あまりにも簡単にヤラせてくれたので、何人もやっているのかと思ったら、
これまでに3人しか経験がないそうです。しかも、ものすごく久しぶりだったそうです。

この後、2ヶ月程経ちますが、現在付き合っている状況です。

最近、ちょっと不満が出てきましたが、まあ仲良くやっていますね。

——4月追記———

かなり不満がたまってきました。
ゆきなは、言わない方が良いドン引きの過去をサラサラ言ってしまうんですよね。

いい年して、結構バカなんじゃないかな?
と思っています。

エロさでは良いのですが、結婚がどうのこうのという事も言ってきたので、
かなり引いている状況です。

結婚したくない男にとって、30代独身女性は重いかもしれませんね。

最初はそんな感じじゃなくても、いつのまにか結婚というワードを出してきます。

この子と会えたのはJメールです。

Jメールを簡単に始められるように画像付きで解説しました。ぜひご覧になってください。
【登録無料】出会い系サイトJメールの始め方