ヘルプマークに席譲れ問題は「席譲ってマーク」を作れば解決

出会い系関係ないですけど、こういうの本当に嫌いなので、ちょっと書きますね。

 

「ヘルプマークをつけてる人が居た 優先席付近で立ってても誰も席を譲らないで見て見ぬふり」

と元女子プロレスラーの豊田真奈美ツイートしましたよね。

 

こういうの本当に腹立ちますね。

誰に腹立つかって?

豊田真奈美にです。

 

ヘルプマークって知ってました?

どれだけの人が知ってるんだろ?

私は見た事もないし、初めて聞きました。

なのでその場にいてもわからないと思います。

でも、豊田真奈美さん曰く、見て見ぬふりしている人なんですよね。

 

日本人の9割くらいの人が知っているのに、私が知らないんだったらここに書いている内容は、まったくの私の勘違いですよ。

知ってる人ってどれだけいるんだろう。

2割もいないんじゃないかな・・・

 

「ヘルプマークが認知されて、それを付けている人を見たら席を譲ろうとしてほしい」

とだけ言えば良いんです。

 

水泳選手が癌になって、「オリンピックが下火になるかもしれないと思ったら残念です」と言った桜田大臣と同じだって。

本当に「なんとなく、これは良い、これは悪い」と決められているのに腹が立ちます。

 

なんで腹立つのかは、似たような体験で、おっさんにイラッとさせられた事があるんですよね。

パッと見だと、その状況ってわからない事ってあるじゃないですか。

それを勘違いした正義感を振りかざして・・・

いや、長くなりそうなのでこの辺でやめておきます。

また書きたくなったら、この続きは書きます。

 

でも、席譲り問題って結構イラッとくる時ありますよね。

もういっその事、「席譲ってくださいマーク」を作れば良いんだって。

それが一番わかりやすい!