Jメール体験記、セカンドバージンの筧美和子とテラスハウス

今回の体験談は、私の出会い系生活の中でも印象に残る体験でした。

この体験のタイトルを何にしようか考えた時に、思いつくキーワードが多すぎて、なんて書いて良いのかわからずに「セカンドバージンの筧美和子とテラスハウス」となってしまいました。

正確に言うとこんな感じです

「筧美和子似の女子大生が、処女だったため前の彼氏とのエッチが痛くて一度のセックスで気まずくなって別れてしまって、今、いい感じの人と付き合う前に、もう一度誰かとセックスをしてみたいとの事で会う事ができました。
でも、結局付き合う事になり、テラスハウスの気分になっていたのに、その日の帰りにLINEブロックされました(泣)」

長いですよね。

でも、要約するとこんな感じです。

一週間経ちましたが、LINEはブロックされているので、もちろん、メールも返ってきません。

ちなみにテラスハウスというのは、おしゃれな男女が一緒に住んで、恋愛をしていくという「あいのり」みたいな番組です。
好きな人は好きですが、きらいな人は大っきらいな番組です(笑)

筧美和子がその番組で有名になったのと、今回会ったアスカちゃんがあまりにイケてるグループに所属しているので、このタイトルにしました。

筧美和子はこの人です。

筧美和子出会い系

では、今回の体験をお話したいと思います。

今回会ったのは、筧美和子に似ているアスカちゃんです。

Jメールで出会いました。

プロフィールの写真ではあまりよく分からなかったのですが「アパレルでバイトをしていて、洋服が大好きです」と書いてあったので、おそらく容姿は良いだろうと思っていました。

Gmailのアドレスを聞けて、やりとりをしていたのですが、宛名の部分がフルネームになっていました。

それはよくある事ですが、一応、名前で検索をかけてみると、読者モデルが出てきました。

youtubeに動画もでてました。

まさか、この子ではないだろうとは思っていました。

私は会う前は紳士的で、エッチな話はしないのですが、アスカちゃんの場合は向こうから、

「エッチが痛くてできないんです。今いい感じの人はいるのですが、怖くて出来ないんです」

と言ってきたので、真剣に悩みに答える感じで、一度会ってみようかという話をしました。

会う前からエッチな約束をすると、当日、女性が怖気づいてドタキャンされる事があるので、エッチな約束はしないでおくのが私の出会い系でのやり方です。

ですが、他の人の体験談を聞くと、会う前から、エッチな写メの交換をしたりするらしいので、私のやり方が必ずしも正しい訳ではないようです。

アスカちゃんとも写メの交換などはしてないですが、会う前からエッチするという感じで会う事になりました。

当日、車でアスカちゃんを迎えに行きました。

車に乗り込んできたアスカちゃんは、今まで出会い系であった中でもトップ3に入るルックスでした。

本当に筧美和子似のモデルって感じでした。

ルックスが良いのはいいのですが「本当にエッチさせてくれるのか???」と思いました。

「エッチさせて的な言い方」よりも、「エッチが痛くないようになれると良いね」みたいな感じで、あくまで「本人のため」という風に言った方がよいと思いました。

私 「エッチすると痛いんだよね?何回くらいちゃんと入った事あるの?」

アスカ 「何回も挑戦していたのですが、多分1回しかうまくできなかったと思います」

私 「血は出た?」

アスカ 「はい!出ました」

私 「そっか、じゃあ多分、その時よりは痛くないと思うよ。ローションとか持ってきたし、挑戦してみる?」

アスカ 「はい。お願いします。緊張してきた・・・」

やったv(=^0^=)v

マジか!
こんな可愛い子とエッチできるなんて(*´∀`*)

気の変わらないうちに、サッとホテルに入りました。

ホテルに入ってから、話をすると、なんともイケてる人生を歩んでいる事が分かりました。

有名私立大学に通い、イケてる男女が集うサークルに所属しており、そこにいる城田優似の大学生といい感じになっており、アパレルでバイトをしていて、読者モデルをやっている・・・・

と、なんかもう自分と住む世界が違いすぎて、話は合わないであろうと思いました。

「この子から見て私はどう見えているんだろう?」と思い、聞いてみると、
「優しいお兄ちゃんって感じ」との事でした。

とりあえず、好印象のようなので良かったです。

しばらく話をした後に、そろそろ始めようかって感じで、ベッドに座らせました。

アスカちゃんは「緊張する・・・」と言って、なかなか脱いでくれません。

早くキスをしたかったのですが、私の経験上、処女に近い子の場合、キスを先にすると、そこで終わる可能性があるので、服を脱がせるのを先にしています。

なぜかわからないけど、服を脱いだら観念するのですが、キスだけだと「キスまで!」という考えがはたらくのか、そこで終わった処女の子がいました。

アスカちゃんは処女ではないですが、まだ経験は少ないので、慎重に考えました。

服をいきなり全部脱がせるって感じより、ブラジャーになったらおっぱいの上あたりを舐めたりして、徐々に脱がしていき、パンティー一枚にするようにしています。

ストッキングは自分で脱いでもらわないと、脱がせにくいので、この段階で脱がせておくのが得策だと思います。

なかなか服を脱がなかったので、おっぱいを見るまでに、少し時間はかかりましたが、ようやくおっぱいと対面しました。

体が細いので、おっぱいだけが突起している感じです。大きくはないです。Cカップぐらいでしょうか。

でも乳首が、雰囲気に似合わず大きめで赤く、発情しているメスって感じがありました。

おっぱいを舐めると、反応がすごいです。

経験の少ない子とか、処女の子の乳首を舐めた時の反応がすごい好きです(#^.^#)

アスカちゃんは、悶絶して、背中を向けようとします。

すかさずベッドに横にして、乗っかって両方のおっぱいを掴み、乳首を交互に舐めました。

顔を両手で隠して、感じている顔を見せないようにする所が可愛いです(#^.^#)

しばらくおっぱいを堪能してから、キスです。

可愛い顔とキスするのは、気持ち良いですね。
意外とキスは上手くて慣れている感じでした。

ディープキスも積極的にしてくれてました。
この子はキスが好きらしくて、その後も目が会うたびにキスをしてきました。

最高です(*´∀`*)
もう、ほぼ好きになってました。

キスと乳首舐め両方を楽しんだ後に、パンティーの上からマンコを触ってみると、かなり濡れてます。

乳首は悶絶するのに、マンコは普通に感じるようです。
そういう子は多いですね。

いよいよマンコとご対面です。

見た目は特にどうって事はないのですが、指を入れると1本でもちょっときつい感じです。

かなり濡らしているのですが、2本は入れようとすると「痛い」と言われました。

「この子、本当に入れたことあるのかな????」

と思いました。

いつものように、舐め方を教えながら、私の体を舐めてもらい、フル勃起した所でローションを塗って挿入です。

最近、処女の場合は、このやり方でやっています。

処女膜は個人差がありますが、硬い子がたまにいます。
そういう子の場合、半勃起状態でニュルっと入って、入ってからフル勃起するとお互いに痛いのです。

チンコの根元が輪ゴムで締め付けられている感じになります。

女性の方も、ピストンする度に処女膜の部分が引っ張られている感じになり、いつまでたっても痛みが残ります。

なので、最初の挿入時に完全に処女膜を貫通して広げちゃった方が良いと思います。

アスカちゃんの狭いマンコにフル勃起したチンコを挿入しました。

貫通感がありました。

「いっっってっっ!」っと、アスカちゃんが今までのブリッ子の喋り方とまったく違う声をだしました。

そして、「一旦、抜いてください!」と叫びました。

一旦抜くと、かなり苦しい様子。

ティッシュで拭いてみると、ローションに混じって少し血が付いていました。

とりあえず休憩する事にしました。

休憩中に色々話をしている時でも、アスカちゃんはキスをしたり体をペロペロしたりで、かなり可愛い(#^.^#)

完全に心を持って行かれました。

私 「アスカちゃんはエッチが痛くなくなったら、今、付き合いたい人とすぐにしたいの?」

アスカ 「いや、まだ付き合ってないからそんなすぐにはしないよ」

私 「じゃあ、それまで俺と付き合ってよ」

アスカ 「え~、どうせ浮気するでしょ?」

私 「色んな子と遊ぶとは思うけどね(笑)。でも重い恋愛より、そっちの方がイイでしょ。練習みたいに思えばよいじゃん」

アスカ 「う~ん。そうかも」

私 「じゃあ、俺と付き合って」

アスカ 「うん。いいよ(^-^)」

いや~。こんな可愛い子と付き合えるなんて幸せでした・・・。

まあ、本命の彼女はいるんですけどね。
でも、ルックス的にはアスカちゃんの方がイケてる感じがします。

というより、本命の彼女は、大人しくて清純という雰囲気なのでタイプが真逆ですね。

アスカちゃんと付き合う事になったので、これからは更にラブラブなプレイになりました。

でも、挿入はやはり怖いという感じでした。

私 「慣れるとみんな気持ちよくなるんだから、慣れるしかないよ。入れて止まっているからちょっと我慢してみな」

アスカ 「わかった。また抜いてって言ったら抜いてね」

そんな感じで、また挿入です。

今度は、貫通感はなく、奥まで入れた所で止まる事が出来ました。

処女膜を貫通したあとは、膣内に圧迫感や違和感を感じる子がいます。

処女には2段階の痛みがある場合があるんです。(ない場合もあります)
1段階目は処女膜が破れる時で、2段階目が膣内の圧迫感です。

アスカちゃんは奥の方の圧迫感を痛いと感じているようでした。

ちょっと動くと、「動くと痛いから、止まってて(>_<)」と可愛く言いました。 この状態で止まっている事、数分間。 しぼみそうになると、可愛い顔とディープキスをして、また勃起状態にしていました。 膣に入れている状態でのキスがなんとも気持ち良い。というより、もう「好き・・・」っと思ってしまい・・・ このまま膣内の奥で射精したい、とか思っちゃいました(^^ゞ ですが、遅漏の私がピストンもせずに射精できるはずはありません。 ちょっと動くと、「痛いから動かないで~(>_<)」と言われます。

心の中で、「精子よ。出ろ!」と思ってました。

キスでなんとか射精したいと思いましたが、無理でした。

まあ、本当は中に出したらダメなんですけどね・・・

数分間この状態でしたが、動くことはできずに終了しました。
今日は、もう入れるのは無理って感じになりました。

でも、なんとかして射精まではしたいです。

できれば飲んで欲しい・・・

私 「口に出してよい?」

アスカ 「やだよ~」

私 「前の彼氏とかってどうしてたの?」

アスカ 「えっ!飲んでたよ・・・」

ちょっと好きになってたので、少しだけショックでした(゜´Д`゜)
まあ、しょうがないか。

私 「じゃあ、飲まなくて良いから口に出させてよ」

アスカ 「うん・・・わかった・・・」

キスをしたり、体を舐めてもらったりしてイキそうになった時、アスカちゃんにおもいっきり舌を出してもらって、そこに射精しました。

口の中に舌を伝わって、どんどん精子が入っていきます。

可愛い顔の口に出すのは気分が良いですね。

すぐに、ティッシュに出されちゃったですが、嬉しかったです(#^.^#)

LINEのIDを交換していなかったので、ここで交換しました。
事前にメールしていた時の名前が本名だったと分かりました。

シャワーを浴びて、車で送りました。

お別れする時も、「また会おうね。じゃあ来月ね」
みたいな感じでお別れしました。

30分ぐらいしてから、帰りの車でLINEにて
「今日はありがとう。すぐにでもまた会いたいな」みたいなラブラブなメッセージを書きました。

家について、そういえば前に「youtubeに出ていたモデルの子は、アスカちゃんじゃないよな」と思って、見てると・・・

3年くらい前だから、若いけど、アスカちゃんじゃないですか(°д°)

びっくりしました。

イケてる男女が集まるテニスサークルのTwitterにも「アスカは可愛くて優しくてみんなのアイドル」みたいに書いてあって、
イケてる中でもイケてるなんてすごいじゃないか、と思いました。

「この子とエッチしたんだ~~(#^.^#)」と感慨にふけっていました。
もう完全に彼氏気分でした。

ふとLINEを見ると、既読がつかないです。

一時間以上は経ったと思います。

流石にこのタイミングでブロックはしないだろうと思って、スタンプをプレゼントすると・・・

「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」

と表示されます。

どのスタンプでも同じです。

これはつまり・・・

ブロックされたという事です。゚(゚´Д`゚)゚。

えっ!さっき「また会おう」って言ったばかりですよ・・・・・・・

3日くらいショックを受けていました。
でも、よく考えたら当たり前の事です。

アスカちゃんは、もともと、今付き合うかどうか迷っている城田優似のイケメン大学生とテラスハウスのような恋愛がしたくて、エッチができるようになりたかったのです。

アスカちゃんが「テラスハウスのような恋愛がしたい」と言ったワケじゃないですよ。
あくまで私のイメージです。(笑)

そこで、30代のオジさんが「付き合って」としゃしゃり出てきただけの話です。

テラスハウスで言うと、南海キャンディーズの山里が「俺も恋愛に参加したい」とか言って、急に入ってきたようなものです(笑)
なぜ山里が出てきたかというと、テラスハウスのMCみたいな感じで番組に出てくるからです。

テラスハウスを知らない人にはよく分からない例えですよね。
でも、知ってる人には分かりやすい例えだと思います(笑)

所詮、私にはイケてる女子との恋愛は無理でした・・・

そして、この話には後日談があります。

私だって、ダテに100人以上エッチした訳ではありません。
女性の事は、少しは分かっています。

アスカちゃんを信用していたのは、本名も教えてくれて、学校も教えてくれて、バイト先のアパレルの店舗も教えてくれていたからです。

そのお店は、すぐに行けるので、すごく嫌なお別れはしないと思っていたのです。

後日、たまたま、その駅に行ったので、恐る恐る、本当にいるのかどうか確認してみました。

人通りが多くないので、近づいたらバレそうです。

でも、どうしても確認したかったので、通り過ぎてみました。

いました・・・

顔はちょっと隠し気味で通り過ぎたのですが、正面から見たくて、何度も通り過ぎたのでバレたかも・・・

というか、店長らしき男がいて、その人にはかなり不審者と思われたようです。
なのでもう行けないです。

まあ、行かなくて良いですが・・・

これ以上行くと、ストーカーと思われるので忘れた方が良いと思います(´;ω;`)

でも、ホントに、こういう子がストーカーにあうんじゃないかな~と思いますよ。

なにか一言、「やっぱり、友達になる事が目的じゃなかったので、これっきりにしたいです」
みたいなのがあっても良いじゃないですか。

全く、しつこくした訳でもないのに、最初からブロックって・・・

ここ一週間はショックで、アドレス交換までしている他の子に会う気がしなかったのですが、もう立ち直りました。
しょうがないですよね。

まあ、本命の彼女はいるので、良いのですが・・・
本命の彼女は女子力が低いんですよね。

甘える事はないし、キスもいつまでたっても、ただくっつけるだけみたいな。

好きなんですけど、性的な部分で物足りなさがあるんです・・・

アスカちゃんは、そのへんの女子力は高かったですね。

本命の彼女と付き合ってから、今まで他の子に心を奪われたのはこれで3人目です。

良い子に会えるのは良いのですが、浮気は浮気で済ませたいです。

彼女より良い部分があったりすると、ちょっと悩んでしまいます。

浮気は、おっぱいの大きい人妻と一晩だけ盛り上がる位の方が精神的に楽かもしれません。

今回利用した出会い系サイトはJメールです。

Jメールを簡単に始められるように画像付きで解説しました。ぜひご覧になってください。

【登録無料】出会い系サイトJメールの始め方