闇金ウシジマ君のゴトーに学ぶ「受け入られたかったら自分を殺せ」

闇金ウシジマ君って知ってますか?

闇金を舞台に、人間の底辺を書いているマンガです。

映画化もドラマ化もされています。

 

結構、名言も多いマンガです。私の好きなキャラでGO10(ゴトー、ゴトウ)というキャラがいます。

ゴトーのセリフでこんなのがあります。

 

人に好かれたいなら自分を殺せ。みんなうけいられたい側なんだから、受け入れたフリで自分を殺せば人に好かれる。

「自分を殺せ」というのは極端な話で、そこまで気にする事ではありません。

ようは、とりあえず受け入れたフリができるという事が大事だと思います。

まずは、相手のふところに飛び込めるのが大事です。

 

極端に否定を嫌う時期があります。

それは20代前半の就職活動中です。

 

この時期の学生、または求職者は、肯定して欲しい感が強く、肯定してあげると中毒のように相手に依存します。

 

ここ数年、この経験がすごく多く、ものすごく良い思いをしています。

 

さらに経験値の高い年上に肯定されるとうれしいみたいで、年齢が離れていても効果的なんです。

 

恋愛テクというか、なんか騙してるみたいとお思いですか???

 

いやいや、所詮、男と女はタヌキとキツネのバカシアイなんじゃないでしょうか。

B’zのライアーライアーの歌詞であるように、「青臭い奴が置いてけぼりくらう」って事が本当だと思いますよ。(笑)