返信が来るメールの書き方

出会い系で実際に会うために避けて通れないのがメールテクニックです。

たった一度良くないメールをしたために返信が来なくなると言うことがよくあります。

私もメールをどのように書くかを迷います。

今回はメールをする際に気をつけておく事を書いていきたいと思います。

基本的な考え方として、

メールやLINEのやりとりは出会ってからの会話を想像させるという事を覚えておいた方が良いです。

よっぽどのイケメンとか金持ちでない限りは、性格が合うと思ってもらえなければ会う事はできません。

メールのやりとりが楽しければ、会った後も楽しいだろうと思わせる事ができます。

自分の売りがあまりないという人は、相手に性格が合うなと思わせなければなりません。

この基本を抑えた上で、細かい気をつけた方が良いところを考えてみました。

1. 文章は完結に

基本的には長いメールは気持ち悪がれます。
後は「?」ばかりの質問メールも面倒くさく思われます。

2. メールの返信は相手のペースに合わせる

メールが返ってこないもんだから、執拗に何度もメールをしてしまう人がいます。
これは、かなり嫌われます。

女性の性質として「追いかけられると逃げたくなる」という性質があります。

ほっとき過ぎても「私の事はどうでもよいのね」と思う事があるので、ある程度は構わなければなりません。

ここは難しいところです。

一番良いのは相手のペースに合わせる事です。

相手の返信までの時間がすぐなら、こちらもなるべく直ぐに返す。

相手の返信が遅ければ、こちらもゆっくり返す。

こういう風にすれば良いと思います。