出会い系で、会えるプロフィールの書き方

「プロフィールを制する者が、出会い系を制する」と言っても過言ではないです。

プロフィールでしっかりアピールできれば、他の人との差別化もできるし、無駄に多くのメールのやり取りをしなくてすみます。

なので、早めに自分がどのような人か分かってもらえ、なおかつ、この人と会ってみたいと思いたくなるようなプロフィールを作成しましょう。

プロフィールの文字制限は、サイトにもよりますが、200字から500字ぐらいなので、この文字数でまとめなくてはいけません。
なるべく多くを詰め込みたいのはわかりますが、改行等を入れて、読みやすくする事も心がけましょう。

「読みやすい文章がを書ける人は頭が良さそう」という印象を与える事もできると思います。
字が上手いと賢く見えるのと同じです。

それでは実際にどんな事を書いたらよいでしょうかを挙げていきます。

どんな仕事をしているか。学生だったら何を勉強しているかを書く

実際に出会うとなると、これだけは知っておきたいという事は、「その人が何の仕事をしているか、学生なら何を勉強しているか」です。

出会い系というのは女性が男性を選ぶのが普通です。

イケメンでしたら「職業は明かしたくない」でも会えるかもしれないですが、普通の男なら職業を伝えるのは大事です。

女性の方は「言いたくない事は言わない」方針でもぜんぜん会えます。

女性が無職やニートでも、男性に相手にされないということは無いです。
でも、男性の無職やニートは出会いたい対象から外れる可能性が高いです。

ただ、就職活動中同士で目指している業種が同じだったりしたら、出会える可能性もあると思います。

モテる仕事というものが存在します。
それは「マスコミ」「IT系」「料理人」「美容やファッション関係」「何らかの会社経営者」等が挙げられると思います。

これらの職業の人は、女性に興味を持たれますので会うまでが比較的簡単です。
特に一夜限りの男としては、面白い話も聞けてエッチもできて一石二鳥というわけです。

では、それら以外の職業の人は出会い系で会えないかというと、そんな事はないです。

そもそも、出会い系に高スペック男だらけの訳がないからです。

現実的には普通の男性なら良いのです。

まじめに恋人を探している女性にとっては3平の方が良かったりするのです。
3平というのは「平均的な年収・平凡な外見・平穏な性格」の人を指します。

たいていの女性は、誰もが金持ちと結婚できるわけがないと気づいています。

金持ちよりも、普通に自分の生活を安定させてくれて、平和に暮らせる人を求めています。

そういう女性にとっては、「気が合いそうな普通の人」ぐらいが一番理想だったりします。

 

人によって、会ってみたい職業の人、興味のある仕事は様々です。

例えば、建築関係で経理の仕事をしている男性がいるとしましょう。
経理の仕事なんて興味もたれないと思われるかもしれませんが、そんな事はないです。

就職活動中の女子が現実的に仕事につくとしたら、事務職につく人も多いはずです。
自分が就きたいと思っている職業に近い事をしている人に興味を持つのは自然の事です。

それと、同業他社の男性にも興味を持つはずです。
同じ職業で違った職場については、誰もが興味があるはずです。

要するに、誰がどんな職業の人と知り合いたいと思っているかは分からないので、どんな職業についていても出会えるチャンスはあるという事です。

趣味、好きな物についてを書く

「趣味が合う人と出会いたい」と思っている人もたくさんいます。

女性のプロフィールを見たら、「音楽は○○が好きです」とか「映画は○○が好きです」という様なプロフィールの人がたくさんいます。

要するに、趣味が合う人と会って楽しい会話がしたいと思っているという事です。

趣味の代表格と言えば、「音楽」だと思います。
私も出会い系を始めたばかりの頃は、音楽の趣味の合う人で友達募集としていました。

料理が趣味とかだと、「美味しい料理を作ってくれるかも」とか「美味しいお店にくわしいかも」とか連想されて好印象かもしれません。

服が好きというのもオシャレなイメージがして良いです。

特に年齢が30歳くらいになると、服装は大事かもしれません。
自分のしたい服装をするのではなく、異性に好感度が高い服装をした方が無難だと思います。

出会いたい相手の年齢やタイプを書く

出会いたい対象を決めてしまうと相手が限られてしまうというデメリットがありますが、特にガツガツ会いたいという訳でなければ、書いておいた方が良いと思います。

「20代30代くらいで、細身で、お出かけが好きな女性がタイプです」

のように書いておけば、それに当てはまる人と出会いやすくなります。

女性側も自分が気に入られない事を心配するものなので、ある程度、その男性のタイプを知っておいた方が会いやすいのです。

ちなみに私は絶対に書きません。

その理由は、ほぼ一夜限り希望だからです(笑)

ものすごく容姿が悪い訳ではなければ誰でもよく、その後続く人とは続いているというスタンスで10年以上出会い系をやっています。

たくさん出会い系で会うと、ネットで出会った後の振る舞いのスキルがつくので、言い方悪いかもしれないですが、練習と思って多少容姿が気に入らなくても会ってみた方が良いと思います。

あくまで、それは私流ですけどね(笑)

結果的には、最初から美人と付き合うのは無理でしたが、たくさん会ったのが練習となって、美人と付き合えるようになったと思っています。

自分の容姿についてを書く

容姿に自信があるのであれば、もちろんアピールした方が良いです。
ですが、写真を載せているのであれば、あまり顔の事は書かない方が良いと思います。

女性はナルシストは嫌いなので、ナルシストだと思われないようにした方が良いです。

「体鍛えるの好きなんでガッチリしています」
くらいなら書いておいた方が良いです。

「木村拓哉に似ているって言われます」
みたいな顔アピールは、相当な自信がない限りやめた方が良いです。

ただプロフィール検索のフリーワードで「木村拓哉」と検索する女性がいるかもしれないので、本当に似ていると言われるのであれば、

たまに木村拓哉に似てると言われる事はあります。でも、あんなにかっこ良くはないです。ファンの人いたらごめんなさい!

ぐらいに書くのはアリだと思います。

 

プロフィール欄に書ける文字数は限られてますので、全部書くというよりは、自分のアピールになる事を書いてください。

あまり自信のない事がありましたら、わざわざ書かなくて良いです。

自分の欠点のような事を、聞かれてもないのに書いてしまう人がいますが、悪く思われることは、わざわざ書かない方が良いです。

最後に一番大事な事を・・・

それは・・・
プロフィールは何度でも書き直せる

という事です。

一度書いてみて、反応が悪そうなら、何度も書き直せば良いのです。

最初の一回で、数ヶ月満足できるプロフィールは完成しません。

何度も試行錯誤して、もっとも女性に評判の良いプロフィールを完成させてみてください。

コメント

  1. ハマ より:

    就職活動の自己アピールに似ていますね。

    悪い事をわざわざ書かないというのは勉強になりました。

    まだまだ読みきれないですが、参考にさせていただきます。

    • 神木 より:

      そうですね!
      この考え方は就職活動にも役立つかもしれません。

      女子に好かれるのと、面接官に好かれるのは似てるかもしれないですね。
      その人の価値観次第ですからね。