【写真あり】ワクワクメールでニューハーフゆかちゃんとの体験

この記事は、7年くらい前に書いた記事のリライト(書き直し)です。

そのニューハーフちゃんは20代で特にオカマバーとかで働いている訳ではないのですが、タマだけは取っている状態の子でした。

いわゆる「玉なし竿あり」ってやつです。

今、思えば、部屋がピンクの間接照明だらけだったし、そんなに安い部屋に住んでなかったので、もしかしたら水商売的な事はしていたのかもしれないです。

なんとなく普通の女の子って感じではなかったです(笑)

 

今でこそ、ワクワクメールにニューハーフとして登録している人はたくさんいます。

ですが、私がゆかちゃんに会った時は、普通に女性として登録していたので、女の子だと思って会ったらチンコ付いていたという衝撃の出来事でした。

 

今回写真が見つかりましたので、というより、もう会わないし載せちゃっていいかな???って事で写真をお見せしますね。

もちろんモザイクは有りですが。(法律的に特定できる写真を載せたらまずいので)

この子です。

まあ、雰囲気で言うと剛力彩芽とか広末涼子です。

会っている時は広末涼子っぽいと思ってましたが、今見ると剛力彩芽の方が近いかもって思います。

この写真は2回目に会ったホテルで撮った写真です。

1回目に会った時は、ゆかちゃんの家にあげてもらったのですが、2回目はホテルに行きました。

 

 

ここからは、当時書いた記事になります。

 

出会い系生活で2人目のニューハーフちゃんに出会いました。

いわゆるネカマ(ネットにいるオカマ)ってやつですね。

以前会ったのはだいぶ前の話ですが、私が20代の時でニューハーフさんは30歳ぐらいでした。

今回のニューハーフちゃんは可愛かったですね。
身長が160センチぐらいで、体が細くて、顔が広末系の童顔なので、本当に女の子みたいでした。

実際に会う前に電話で話したのですが、ぜんぜんオカマだと気づきませんでした。

いつも最初に会う時は、なるべくお金をかけないようにするためドライブに誘うのですが、今回は、ゆかちゃんがお酒を飲みたいと言ったので、飲みに行くことになりました。

 

電車で待ち合わせの駅に行って、ゆかちゃんと出会いました。

「広末が好きなので、結構タイプ」と思いました。

駅近くの個室風な居酒屋に入り、呑み出しました。

ゆかちゃんは心理学に凝っているらしく、私にいろいろな心理テストをしてきました。

2時間ぐらい盛り上がった後、そろそろエッチができるかどうか探りを入れてみました。

この時点では、女の子だと思ってますよ。

以下会話です。

私 「この辺にすんでるんだよね?なんかまだ話足りないから、ゆかちゃんの家に行って良い?」

ゆか 「別に良いけど、そんなに良い家じゃないよ」

私 「いいよ。まだ話したいだけだから」

 

こんな感じでゆかちゃんの部屋へ行くことができました。
私の中では「家に入れる=95%エッチできる」と思っているので、かなり期待しました。

ちなみに100%でないのは、過去に一人だけ部屋まで入れといてエッチどころかキスまでさせてくれなかった女性がいるんです。

その女はバカ正直に普通に友達になったと思ったらしいです。

まあ、嫌な思い出は忘れて、ゆかちゃんの家にあげてもらった続きを書きます。

 

ゆかちゃんの部屋は20代の女の子にしては、少し高そうな部屋でした。
都会の一人ぐらしなのに、部屋が2つありました。

私より良い家に住んでますね。

 

私「結構いい部屋に住んでるんだね。家賃高そ~だね」

ゆか「うん。結構高いけど、親に少し仕送りしてもらってるんだ」

 

部屋に上げてもらっていきなりエッチってわけにはいかないので、
しばらくテレビを観たりパソコンを見ながらまったりしました。

 

普段なら、そろそろムード作りに入ろうと思うところですが・・・

ゆかちゃんの場合は、もうすでに部屋に呼ぶつもりだったかのように、ピンクの照明やら、なんやら訳のわからないオブジェが飾ってあり、なんか雰囲気がスケベな部屋なので、ムード作りをする必要もない感じでした。

 

ベッドに私が座って、横に座ってもらい、そのままキスをしました。

ゆかちゃんは、なんの抵抗もなくディープキスをしてくれたので、
そのままおっぱいを揉んだのですが・・・

「あれ???固い・・・」

明らかにおっぱいの感触ではなかったです。

 

ゆかちゃんは
「おっぱい無いから詰めてるの~」
と言いました。

 

なんか入れるにしても、もっと柔らかい物を入れれば良いのにと思いながら、
おっぱいを見ようとしたら

「服は脱がないよ~」とゆかちゃんは言いました。

ま~、そうは言っても、この程度の嫌がり方なら、エッチできるなと確信していたので、
体中を服の上から触っていきました。

 

そして、アソコまで手を伸ばして触ったら・・・

『むにゅ~~~~~~』っとした物がついてました・・・

そうです。女にはそこに物体が付いているはずがないのに、服の上からですが、モロにチンコの感触がありました。

 

私 「え~!なんか付いてるよ」

ゆか 「ビックリした?」

私 「うん、ちょっとね。ぜんぜんそういう風に見えなかったから・・・
でも前にも一回ニューハーフの人に会った事あるから、普通の人よりは免疫があるかも(笑)」

ゆか 「ニューハーフでも大丈夫?」

私 「うん。可愛いから良いよ」

ゆか 「服は脱ぎたくないんだけど、良い?」

私 「じゃー、フェラしてもらえるかな?」

 

って感じで、プレイを再開しました。

少しビビりましたが、同じような経験を前にもしたというのと、顔が良かったのでまあ良いや、って感じでした。

 

フェラと言いましたが、その前に、私が全裸になってゆかちゃんに全身をくまなく舐めてもらいました。

ゆかちゃんは、洗ってないアナルまで丁寧に舐めてくれて、フェラのテクニックもかなりうまかったです。

フェラでフィニッシュした後、こっちに口を開けてみせてくれて、そのまま「ゴックン」としてくれました。

顔だけ見りゃ、広末系の美人なので満足度は非常に高かったです。

そのまま朝まで寝て帰りました。

 

 

ゆかちゃんと2回目に会う事になりました。

2回目ですが、これでゆかちゃんに会うのは最後になりました。

以前に会ってから10日後ぐらいに、ゆかちゃんに「今日お泊りしていい?」と電話したら、
「家は、片付けるの大変だからホテルで良い?」との事でホテルお泊りが決定しました。

 

ゆか 「もう会ってくれないと思ってたから嬉しいよ」

私 「いや、ずっと会いたかったよ」

なんて会話をしながら、すぐにイチャイチャ始めました。

私 「そういえば、出会い系サイトは辞めたんだね」

ゆか 「うん。なんか面倒くさくなったから辞めたんだ」

 

ゆかちゃんは顔だけ見れば女の子、私の彼女と同じくらい可愛いです。

性格で言えば、遥かにゆかちゃんの方が良いです。

ただ、チンコが付いている。
これを良い事と思うか悪い事と思うかっていうのが、微妙な所です・・・

 

まあ、可愛い女の子はたくさんいますが、可愛いニューハーフは滅多にお目にかかれないので、ラッキーだと思います。

とりえあず、またあのフェラを堪能したかったので、全裸になって前と同じように舐めてもらいました。
私の彼女はアナル舐めをしてくれないので、ゆかちゃんにはアナルをたくさん舐めてもらいました。

口の中に出した後、前のように「ごっくん」してもらい。

しばらく添い寝をしながら話をしました。

 

私 「出会い系で他の人には会った事ある?」

ゆか 「一人だけあるよ」

私 「その人はどうしたの?」

ゆか 「もう連絡とってない」

私 「その人とはどういう事したの?」

ゆか 「え~、最後までしたよ.・・・」

私 「最後までって、お尻でって事? あれ??? 嫌なんじゃないの?」

ゆか 「嫌じゃないよ。男の人が嫌なのかなと思ってイヤって言ってたの。
前の人にも、私はイヤて言ったけど、どうしても私としたいって言うから、させてあげたの」

私 「どっちが入れる方なの?」

ゆか 「もちろん私は受け身だよ。自分がイクのはあんまり好きじゃないし」

この話を聞いて、私は迷いました。

 

これは「アナルセックスがしたい」という事なのか?

それとも「あなたが望むなら、そこまでしますよ」という事なのか?

 

この判断を誤ると、かなり失礼な事をしていることになる。
なぜなら、それは「女性の誘いを断る」のと同じ事だからです。

ただ私は射精をしたばっかりだったので、その時点での性欲レベルではオシリに突っ込もうという気にはなれませんでした。

朝まで寝て、次の日に帰りました。

帰りの途中で、なんとなく我に返って、

「やっぱり、アナルセックスはできないよな」

と思いました。

 

なんとなくですが、こんな私でもその一線は超えてはいけない気がしたのです。

女子とはアナルセックスした事はあるのですが、生物的には男とアナルセックスは少し敷居が高いです。

 

ゆかちゃんとも、もう会うのは止めようと思いました。

会うのは止めようと思っていましたが、やっぱりあのフェラが忘れられなかったので、一ヶ月半ぶりぐらいに、
電話を掛けてしまいました。

すると、なんと男が電話にでました。

私 「あれ?ゆかさんの電話ですよね?」

男 「違います」

私 「あっ、すいません間違えました」

 

この男が誰だったのかはわかりませんが、その後は連絡をとってないです。

とりあえず、ゆかちゃんの声ではなかったので、多分、彼氏が出来たのだと思います。
それか、電話番号を変えたかのどっちかですね。

 

以上が7年くらい前の体験です。

とりあえずニューハーフと知って会うことはないですが、会ったらニューハーフの場合はまたしてしまうかもしれないですね。

出会い系って保険証とかで登録できるので、知り合いの異性の保険証とか借りれば、違う性別でも登録できてしまうんですよね。

なので、普通に女性に紛れ込んでいる事もあるんです。

でも、ここ7年くらい会ったら男だった事はないので、みんなニューハーフとして登録しているのかな???

ちなみに、この記事で登場する彼女は、今の彼女じゃないです。

今の彼女はもっといい子です。

この時の頭がおかしい彼女です(笑)

イククル体験記。暴力的彼女のリエとの記録

 

今回のニューハーフのゆかちゃんと会ったのはワクワクメールです。

コメント